忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
覚醒ジヴリールを作ったが、今回、まだその名前までは指定していない・・!
つまり、われわれがその気になれば名前が祝福のジヴリールのままという事も

やめよ


さて覚ジヴ、名前どうしましょうね。



元々のアルケーはAlmisael

これは元々子宮を司る天使で(以下wikipedia.
ただまぁ、個人的にはジヴは女神と言う印象
(公式曰くジヴで大天使だそうだよ。覚醒で上位の存在だから権天使・・・?
 でも1段階とも限らないよね 天使階級の格差社会の頂点は遠いのです
そしてその頂点に君臨するのがセラフ()  )


なのでー。







ok。



2:38~ どう見ても現世の女神。いいね?

そんな感じ。







拍手

PR
公式サイト11/24アプデ記事
唐突にUR来るなぁwwwwwwwww

と思ったらちゃっかり全SSR実装終了していたみたいで、ある意味当然の流れとも・・・?
いやしかし……早いなぁ。

これならもう少し天石を保存しておくべきでしたかね。
っていうか急に無告知ではないのかな?でSR交換券ばらまいたり予兆はあったよね(苦笑)




まぁ私の興味としては
●シシリーのお店に新たなアイテムの追加
  新たに、討伐ポイントで「覚醒の神水」を購入できるようにいたしました。」


ここのみである。

結構真面目に ガタッ・・・ついにきたか!の気持ち。
ただでさえ面倒なボスな上に16個必要な物をウィークリーとかやってられませんからね。
16週間ですよ16週間。4ヶ月もありゃ咲いた花は枯れ果て、沸いたやる気は消滅しているというもの。
まぁ私の覚醒の神水所持数は☆1個☆ですが。




唯一気になるはお値段。


進化の湧水が30P……ただまぁ、2個必要なもの並みの価格で16個必要な物を要求されちゃたまらないので……しかしSSRアイテムという事を加味すると、10の希望を残しつつ15といった所でしょうか。20は、無いよね・・・?








やっすwwwwwwwwwwwwwwwwwww


これで良いのかアピちゃんよ。ウィークリーが5WPって。
嫉妬しかいけない人間からすると安いだけで、嫉妬と強欲の2大体制が整ってる方からするとそうでもないのでしょうか……SSR進化にも湧水はいるしね。



何はともあれ。



覚醒ジヴリールの降臨である。
 

で・・・


今回、新たに

●パワーアップ合体の仕様の変更
  新たに入手した魔物を育てやすくする為に、パワーアップ合体の仕様を変更いたしました。
  新たなパワーアップ合体では、霊魂や使用したアイテムが返還されなくなる代わりに
  経験値を全て引き継ぐ
ようにいたしました。

  また、レアリティがR以上のランクアップ進化をした魔物を素材魔物として使用した場合
  素材魔物の☆ランクを条件付きで引き継ぐことが可能です。
  ☆ランクを全て引き継ぐのは、素材魔物のレアリティがベース魔物のレアリティと同じか
   上位のレアリティの場合のみとなります。
   例)ベース魔物が☆2SR魔物で、素材魔物が☆5SSR魔物の場合は、合体後に☆5SR魔物となります。
     ベース魔物が☆1SR魔物で、素材の魔物が☆3SR魔物の場合は、合体後に☆3SR魔物となります。
  素材魔物のレアリティがベース魔物のレアリティよりも低い場合は、
   素材魔物のレアリティがベース魔物のレアリティよりも1ランク下がる毎に、
   ☆の数を-2した状態で引き継ぎます。
   例)ベース魔物が☆1SSR魔物で、素材魔物が☆5SR魔物の場合は、
    ☆ランクが-2された状態で引き継がれますので、合体後に☆3SSR魔物となります。
     ベース魔物が☆1SSR魔物で、素材魔物が☆1R魔物の場合は、
    ☆ランクが-4された状態となりますので☆ランクは引き継がれません。 


という事なので、
SSR→SR→R の2段階の為-4ランク
あるみんのランクは5 5-4=1
ジヴのランクは2

なので、EXPは半分から100%引き継がれる様になった代わりに、霊魂も、使用アイテムも返されない。



というわけですね。

☆(ゝω・)v新たに入手した魔物を育てやすくする為に変更しました。
舐めてる?( ^ω^)

ちなみに

使用したアイテムを返してくれないとは書いてますが、これらのアイテムは返してくれます。
まぁ私気づいたの全部買ってからでしたけどね。


あとアルケーから覚ジヴにする場合、軽装備が使えなくなるのも注意ですね。
まぁ私気づいたの進化してからでしたけどね。

魔鳥蛇のタブレットがキラリ光るぜ。




わくわく。




……。




……………………。





あとベネディク・・・もういい。




まぁ、気を取り直してイベント頑張ります。

覚醒クフを久々に起動したので覚ジヴ覚クフの2大砲なのでね!




しかしアルフはイベントが急ぎ足ね。
かくりよとか一週間イベの時は短いのでさっさとやれって注意はいるよね。
ここまで急がなくてもいいと思うんだけどな・・・。



2週間期限があったらそれはそれで放置していそうな気もするが。


拍手

もうちょっと楽勝かと思ってましたが思ったより苦戦してしまいましたね(キリリッ




と思ってたらクエストを受けてなかったよーで。


再戦したら2.3回負けましたとさ(笑



運も結構ある戦いなんですね。勝ったときが強運か、負けた時が悪運か、わかりませんが。






さてさて、ストーリー進展したわけですが・・・クエストいまいちわからないね(笑
というか月日あきすぎた(昨年末にイザナギ討伐した様子)のでしばらく見返してました。
つまりはかみよよのななよよのかくりよのだいもんとこよってことよ?




ストーリーがいつの間にやら2部終わり?まで来ていた様で・・・。


感慨深いというか・・・寂しいですね、もっと長く続くと思ってたので。
まぁ、wiki見ると3部えらい追加されてるなーって感じだけども(笑



で。まぁ。




2部ボス強いっすねーwwwwwwwwwwwwwww
負けるとは思ってましたが・・・多分アレ3撃くらいで全滅したんじゃないかなぁ。


中々・・・。
でもまぁ、いつの間にかえらい心技体が追加されてたよーで。

衰系整えたら大分楽になるっていうのが最優先事項


あとは幽霊系スキルを整えて、装備整えて、所持式姫整理・・・っすかね。
鈴鹿、閻魔灯、ヤマテン*2、サグメ、超タナ・・・斧式姫どう整理してくれようか。
なんやかんやで術系もちゃっかり充実しているが・・・(笑


ぼちぼちですねー(笑

あと加護整えて。(弓心技体確認しようと開いたらこの有様。)


しかし、ゴエティアやってると記憶の断章が便利すぎて、かくりよにもこないかなーって思いますね。一部のマップで取れて、下位素材に変換できるアイテムなんですが・・・。


探索振って素材の為に炭鉱夫・とこよするの億劫じゃないですか?(   ::^o^)


そんなところ。


ゴエティアはゴエティアで。

ゼニスさん討伐。瀕死になると無制限にHP回復しまくってくるという規格外な敵なのですが……
手持ちのミルザム(画像にいないが)が数少ない気絶スキル持ちだったようでそのスキルを詠唱中に放てばいいだけの事でした。えぇ。



まぁ、この際・・・って事でほぼ初めて、ってLVで装備整えましたが!
資金は1M以上たまってたんでね。800kくらいふっ飛ばしてね。
ふっ飛ばしてから思ったのは自作でよかったの結構あったな、ってね。



・・・こっちは製作技能とか無いから楽ですね。
・・・かくりよの加護盤やめません?

あんま流行じゃない気がするんだよなぁ……。
頭使ってやりくり選択より、課金で右から左までまとめてドーン!って感じよねネトゲって(笑




課金といえばゴエティアの赤玉 割高な癖にゴミばっかなんでぼったくりゲーと思ってましたが、赤玉以外はえらい安いんですね。


常に私を悩ませ続けるPT枠の少なさ、それが100Pで6人も増えるだなんて・・・!!
ちょっと課金すっかと思いました。


そんなところ。

これだから田舎は・・・。






・・・。

拍手

なんでこう斧運だけ良いのか


つーかこいつは名前に超つけないのな・・・。
何回か金を回せば、そりゃ、良いやつも何匹か出るのですが、さほど活かせてないのが勿体無いですね。


活かすとなるとまずはどいつを育てるかを決め、
では別の奴は餌にするか憑依をするかを決め、
PT構成を決め

が面倒臭くて、枠を消費しているだけなのですが(笑



いい加減育成に関してはそこそこ十分だろうとは思うのですが・・・。
ボス倒して先に進むメリットあったかな・・・と考えると。


っていうかまぁ、装備整えるのが先決なのですが。

ゴエティアの方もゴエティアの方で。



色々とくれるので貰ってみるっちゅー。


ファラ、今回はゴエチックに絵柄改装するんですね。
しかしこっちこそ枠がまじで厳しいという( ´・ω・)



まずそもそも蒼玉の入手頻度が尋常じゃなく高いです。
次に同じ役割でも結構種類が多く、そういった特徴を見極めないとダメです。
何より、友情Pで枠を増やせる式と違いこちらは課金のみという・・・王の戦いは残酷なのです。



そしてこちらもストーリーは勧めたいのですがねw

カメさんがカベさんになっているのです。
闘った事無いが。

(ボスは先に調べてLV上げてからが手っ取り早いと知り放置するタイプ)


こちらも装備整えないとなんですけどね。




・・・問題はどちらも同じですね(笑


こちらのみの問題としては霊珠が少ない事でしょうか。
自然算出に頼る部分が大きい式と違ってこちらはデイリー・ウィークリーをいくらこなしているかの方が大きいです。王の戦いは残酷なんで。


まぁ。ゆるりと。


アルフ


ゆるいなオイ!?



そんな感じ(早い


って書こうと思ったら3周年なんですって?早いね。
ブラゲとしては長寿ですよね。知らんが。


そんな感じ。




拍手

月曜だってのに募集がかからない・・・。

これは・・・!


行くしかない



割とマジで一生篭ってたほうが良かったような結果でした。

(私の中での)敗因の一番の原因はおつのにしか蘇生術をつんでいなかった事でしょうか。

自慢げにエンスウの卍衰知呪六卍を憑依搭載したのですが、いまのかくりよ界はLV10オーバーを乱発する兵どもが跋扈する魔界 
周りを見ずに乱射していた事が蘇生術の有無以前に難易度を飛躍的に高めていたことは間違い無いでしょう。


早々にフェードアウト・・・とまではなんとか言わないのかなぁ・・・?
ラスト・キソの出現と同時に全滅といった感じでした。


もっと言うと全滅と同時に蘇生をハバキリにかけてくださった方がいらっしゃったので、隙を見て参戦→秒殺→蘇生を主にかけてくださった方がいたのですが、秒殺は火を見るより明らかだったので堂々と観戦に徹しておりました。えぇ。




ただ、まぁ。



「かーっ!!盾なのに落ちちゃった!!敵のHPも200kくらい残ってるしこりゃキツぃなぁー!!」



チュドーン!パリーン!バシュッ!!カッカカカカッ!!!


という猛攻を見て「これ私貢献してたのかなぁ・・・」という気持ちは、あった。
結果から言えば私以外に全滅した方いなかった?少なかった?様だし。






……なかなか、隙間を埋めるのは大変そうです。
ボナカンは近い筈なんだけど、あそこまで異次元なダメージは出てないゾー


心技体と装備と憑依か・・・。嫌な部分が残ったなぁ(手をつけてなかった、という。
ところで、ここまで恥をかいてリクジンを掠め取ったものの

帝様倒せるのかなぁ・・・私。



……なんだか全力で足を引っ張りながら必死に全チャで叫び散らす姿が見えたような・・・。




もりなつアロケス。


蒼玉で出るなよ・・・。0.3%って何だよ・・・。



叩が欲しかったので嬉しくはあるが。


第一倒壊のラスボス強くないですかね。
そして第二倒壊到達で貰える報酬が美味しいらしいのだが・・・w




これちゃんと更新してるんだね。

エンペラからアーリマンになるのかー。と思ってwiki見てみたら必要素材書いてませんでした
まぁ誰もやってないんだろうな・・・。



そろそろ修行内容とか更新してもらえませんかね。
ゴブライ+アナンタ+コボルト+ズメウロード+ネレイドあたりでお一つ。



同魔物のスキル合成確率上昇とかいうシステムでなんだか結構ヌルゲーにはなっているが。
基本同魔物同士で合体させるゲームでこんなん実装してどうするのやら。


ダブリ救済なのかね。虹~月魔石じゃある程度以上の上位からしたら救済にならんし。





拍手

カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
プロフィール
HN:
ぞんび
性別:
非公開
自己紹介:
<かくりよ>
Dozen 呪師 所属ぐるーぷ:名前秘密><
メンバー:フレイ おつの 鈴鹿 天羽々切 
ストーリー進度:○○○○○(普)手前

精進したいはしたいが、がっつり狩る性格でなければ気力もないので
ぼんやりと霊珠と型紙を増やしつつ適度に常夜をやっていくスタイル。
<アルフ>
Dozen 所属グループ:名前秘密><
メンバー:カーミラ、ケイロン、アスレイ、アルケー
進度:ダイダロスも終わって一息。
こちらも鍛錬やウィークリーをこなしつつぼんやりと進めていく方針
最新記事
(12/17)
(11/27)
(11/02)
(10/05)
(07/19)
最新コメント
[12/07 online shooters]
[12/07 first person shooter online games]
[12/06 action shooter game]
[12/03 replica bvlgari rings for sale]
[12/02 imitation bvlgari serpenti]
ブログ内検索
2012/3/2~
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ぞんびのおーかみ! All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]